ぶどう畑に囲まれて

~山梨暮らしのいろいろ日記~

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 読んでくださってありがとうございます

ブログランキングに参加しています
↓本日もポチっと応援よろしくお願いします♪
人気ブログランキングへ ☆ありがとうございます~♪☆

web拍手 by FC2

Follow gluttonw on Twitter@gluttonw(食いしん坊妻)をフォローする

[テーマ] - [ジャンル]

[ --/--/--/(--) --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2009年05月16日(土)

永田農法のタマネギ 

上の畑では、今年初めて栽培してみたタマネギくん。
赤タマネギが大きくなったので、一個ためしに収穫してみました。
本当は葉が7~8割ほど倒れると収穫時なんですよねー?

スナップエンドウと赤たまねぎのサラダスナップエンドウといっしょにサラダに。
永田農法で作るタマネギ、採りたては梨のようにおいしいと言うことなので、とても楽しみにしていたんです。

そしてそのお味は!
まさに! 梨のようです!
買ったタマネギはエグミというか辛味がありますが、それがないです。
水にさらさなくても辛くないし、味が濃い~♪
感動のおいしさ♪でした。

スナップエンドウも、味が濃くてねっとりという感じ。
美味しいです。
ただ、サヤエンドウのようにたくさん実がならないのは品種の特徴なのか?
それとも育て方がなにか悪いのかちょっと謎です。

タマネギの育て方は、永田農法を実際に実践されている諏訪 雄一さんの『おいしさのつくり方―永田農法を家庭菜園で』を参考にさせていだだきました。

週一回の液肥で育てる永田農法ですが、タマネギの場合は玉がふくらみはじめたら液肥をストップするのがコツとのことです。
園芸書には玉がふくらみはじめたら水をしっかりとあったので、液肥をやめて水をたっぷりやりました。

タマネギのエグミは肥料のやりすぎから来る辛さなのかなあ?

永田農法の本は他にもたくさんでていますね。



 読んでくださってありがとうございます

ブログランキングに参加しています
↓本日もポチっと応援よろしくお願いします♪
人気ブログランキングへ ☆ありがとうございます~♪☆

web拍手 by FC2

Follow gluttonw on Twitter@gluttonw(食いしん坊妻)をフォローする

[テーマ] - [ジャンル] 日記

[ 2009/05/16/(土) 09:07 ] 家庭菜園 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL

宣伝目的のスパムトラックバックを制限するために認証後の掲載となります
言及リンクのないトラックバックは受付けない場合もあります

サイトマップ
カテゴリー
最近の記事+コメント
クリック募金
クリック募金してみませんか?

無料で募金ができます

詳細はこちらをクリック!
ブログランキング参加中!

FC2ブログランキング 人気ブログランキング

人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング ブログランキング・ブログ王

 くる天 人気ブログランキング

FC2拍手ランキング
ブログ記事内にある拍手マークがクリックされた回数でのランキングです
カウンター
グーバーウォーク