ぶどう畑に囲まれて

~山梨暮らしのいろいろ日記~

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 読んでくださってありがとうございます

ブログランキングに参加しています
↓本日もポチっと応援よろしくお願いします♪
人気ブログランキングへ ☆ありがとうございます~♪☆

web拍手 by FC2

Follow gluttonw on Twitter@gluttonw(食いしん坊妻)をフォローする

[テーマ] - [ジャンル]

[ --/--/--/(--) --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2009年04月29日(水)

長野・鬼無里 奥裾花自然園の水芭蕉 

鬼無里の奥裾花自然園へ水芭蕉を見に行ってきました。
冬に戸隠へスノーシューへ行った時に地図を見ていて「ここは?」と思っていたんです。
しかし、冬は道が通行止めとなっているようだったので春を待ってお散歩に。

小川村から国道406号を通って鬼無里へ。

鬼無里
▲鬼無里 正面に見えるのは戸隠連峰でしょうか???

農林産物直売所『ちょっくら』 そば処『鬼無里』
鬼無里 ちょっくら農林産物直売所『ちょっくら』とそば処『鬼無里』という看板が目に入ったので寄ってみました。
農林産物直売所『ちょっくら』には、こごみ、ユキノシタ、地菜など。
そば処『鬼無里』のお土産売り場には、エゴマクッキー、エゴマまんじゅう、とち蜜(とちの森で採ったはちみつ)などがありました。
とち蜜買ってくればよかったと後悔~。

ソフトクリーム300円を食べました。
あれ? おやきとおそばでお腹いっぱいだったはずなんですが…。おかしいなあ。

鬼無里農林産物直売所『ちょっくら』
所在地:長野県長野市鬼無里1699-2(地図はこちら
電話:026-256-2450
※営業時間・定休日など、詳細はわかりません。すみません。

そば処『鬼無里』公式ホームページはこちら
所在地:長野県長野市鬼無里1690(地図はこちら
電話:026-256-2428
定休日:毎週木曜日(5月から11月は無休)

紅葉狩伝説にちなんだ地名
さあ、奥裾花自然園へ向かいます。
途中、標識に 『西京←』  『→東京』という文字が!
戸隠・鬼無里に伝わる紅葉狩伝説にちなんだ名前のようです。

車を走らせていると、透明マルチ張りをしているおじいさんが目に入りました。
ジャガイモの植え付け用かなあ???

右手河原の上の岩盤には滝が。
文珠滝かな?
ここ鬼無里では、文殊の『殊』の字は『珠』と伝承されてきたとパンフレットに載っていました。
文殊の知恵の文殊菩薩さま? 
字の違いはなんでしょうね?

文珠滝
▲文珠滝

奥裾花自然園
今年の開園は4/24だったようです。
料金所が見えてきました。
お財布を出して窓を開けると…

係のおじさん 「現在、道路に亀裂がみつかったので一部片側通行になっていますので待ち時間30分~1時間ありますので、料金は無料にさせていただいてます。この先に係の者がいますので指示に従って進んでください」

と、奥裾花自然園のチケット2枚と、通行止め・片側通行の地図をいただきました。
少し進んだところに奥裾花大橋が。
そこから2kmほどが通行止めになっていて、旧道なのかな? そちらを片側通行にしているようです。
30分~1時間ということでしたが、待ったのは10分弱でした。

奥裾花大橋 奥裾花 臨時の旧道
▲奥裾花大橋 右は臨時の旧道? (片側通行)

片側通行を抜けて奥裾花渓谷へ。

目の前にすごい岩盤が!!
断層丸見え!! しかも谷は深く、とても大きな岩盤です。
左右の岸の断層を目で追うと…なんと! 繋がってるし!!
すごいところだ~!

奥裾花渓谷 奥裾花渓谷
▲奥裾花渓谷 大きな岩盤には断層が! 高さ約100メートルの絶壁?

駐車場に車を停めて、売店近くに行ってみるとシャトルバスが来ていました。
バスの横で料金を徴収しているおばさんにひとり200円払ってバスに乗ります。
バスは10分~15分おきに折り返し運行しているとのことでした。

駐車場から自然園入口まで、バスで10分ほど。歩くと30分ほどとパンフレットにありましたが、登りなので結構キツイと思います。

シャトルバス 駐車場横のお土産売り場
▲シャトルバス 右は駐車場横のお土産屋さん

お土産屋さんには『貸し靴』の文字が。
店先を見ると長靴が沢山並んでいました。

戸隠山連峰 案内板バスを降りてからも自然園入口まで10分ほど歩きます。

途中、↓戸隠西岳連峰がよく見える場所がありました。
こちらは戸隠西岳連峰の案内板→

冬には反対側の戸隠から鏡池までスノーシューしたねー。なんて話ながら入口に到着。

戸隠山連峰
▲戸隠西岳連峰 右手前には先ほど乗って来たシャトルバスが

入口に到着してみると…雪がいっぱい残っていました!
ここまでは、ほとんど雪がなかったのに。
しっかりした靴を履いてきて正解です。
お土産屋さんの前にあった長靴にもちょっぴり納得です。

奥裾花自然園
▲奥裾花自然園の中はこんな感じに雪が残っていました

まずは『ひょうたん池』へ。
6月にはモリアオガエルが木に上がって産卵し、泡に包まれた卵塊がみられるようです。
いろいろ眺めて見ましたが、今はまだ姿も声もありませんねー。

「カエルくんいないなー」とキョロキョロしていると…
ムクドリくらいの大きさの黒い鳥が水面の岩の上に見えました。
なんだろう?
双眼鏡を使って覗いてみると、尻尾をピンと立てて、なにか池を覗き込んだり、池に入ったり出たりしていました。

カワガラスかなあ?

奥裾花自然園 ひょうたん池 奥裾花自然園 ひょうたん池 カワガラス?
▲ひょうたん池 右はひょうたん池にいたカワガラス?

さあ、今池湿原へ。
途中、枯れた大きな木が穴だらけなのを夫が発見。
すごい穴だー。キツツキかなあ?

奥裾花自然園 きつつき? 奥裾花自然園 きつつき?
▲キツツキの開けた穴? 木の上には三日月が

湿原の上の歩道に出ました。
うわー、広い。湿原には沢山の水芭蕉が!

奥裾花自然園 遊歩道
▲湿原の上の遊歩道をまわり込むと木の歩道へ

奥裾花自然園 水芭蕉

奥裾花自然園 水芭蕉 奥裾花自然園 水芭蕉
▲奥裾花自然園 ミズバショウ

奥裾花自然園 水芭蕉
▲奥裾花自然園 ミズバショウ

奥裾花自然園 水芭蕉
▲奥裾花自然園 ミズバショウ

奥裾花自然園のミズバショウは81万本で日本一だそうです。

花は2~3割といった感じでしょうか? まだ、ちょっと時期が早かったかなー。
満開はゴールデンウィーク明けくらいのようです。

さらに奥には樹齢300年を超えるブナやトチの原生林があるようです。
散策してみたかったのですが…時間が。
最終のシャトルバスは16時15分。
あと、20分もありません。あわててバス停へ。
なんとか最終バスに間に合いました。ほっ。

もっと早起きして来なきゃダメだったか。
また、新緑の頃や紅葉の季節に来てみたいですね~。

鬼無里山岳公園 奥裾花自然園地図はこちら

さあ、お風呂~♪お風呂~♪
奥裾花温泉『鬼無里の湯』へ。
つづく。

 読んでくださってありがとうございます

ブログランキングに参加しています
↓本日もポチっと応援よろしくお願いします♪
人気ブログランキングへ ☆ありがとうございます~♪☆

web拍手 by FC2

Follow gluttonw on Twitter@gluttonw(食いしん坊妻)をフォローする

[テーマ] - [ジャンル] 日記

[ 2009/04/29/(水) 14:50 ] お散歩 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL

宣伝目的のスパムトラックバックを制限するために認証後の掲載となります
言及リンクのないトラックバックは受付けない場合もあります

サイトマップ
カテゴリー
最近の記事+コメント
クリック募金
クリック募金してみませんか?

無料で募金ができます

詳細はこちらをクリック!
ブログランキング参加中!

FC2ブログランキング 人気ブログランキング

人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング ブログランキング・ブログ王

 くる天 人気ブログランキング

FC2拍手ランキング
ブログ記事内にある拍手マークがクリックされた回数でのランキングです
カウンター
グーバーウォーク