ぶどう畑に囲まれて

~山梨暮らしのいろいろ日記~

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 読んでくださってありがとうございます

ブログランキングに参加しています
↓本日もポチっと応援よろしくお願いします♪
人気ブログランキングへ ☆ありがとうございます~♪☆

web拍手 by FC2

Follow gluttonw on Twitter@gluttonw(食いしん坊妻)をフォローする

[テーマ] - [ジャンル]

[ --/--/--/(--) --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2009年03月13日(金)

山梨・甲州市 玉宮ざぜん草公園 

玉宮ざぜん草公園に行ってきました
わりとご近所なのに夫はまだザゼンソウを観にきたことがなかったのです。
もう、さすがに雪はありませんでしたが、たくさんの花が咲いていました。

私は2005年に両親と3人で訪れたことがあります。
↓その時のリポートはこちら

2005.03.14 山梨県玉宮の座禅草(ザゼンゾウ)

イノシシよけの電気柵が効いたのか2005年に訪れた時より今回の方がたくさん咲いていたように思います。

玉宮ザゼンソウ 玉宮ざぜん草公園
▲入口にある案内板  右のような林道を5分ほど行ったところにザゼンソウはあります

竹森ざぜん草公園駐車場入口には、20台ほど停められる駐車場とトイレ、立派な研修棟?などがあります。
玉宮ざぜん草公園という名前がついていますが、駐車場の周辺以外はほぼ自然の山の中といった感じです。

駐車場から5分ほど林道を歩きます。
林の中に綺麗な水の小川が流れています。そこがザゼンソウの群生地です。

2005年に訪れた時は、確か入口だけは開放されていたように記憶しているのですが、今回は入口もばちり電気柵になっていました。
端のプラスチック部分を持って外し、中に入ったら元に戻すように注意書きがあります。
3本全部外すのが面倒なので、1本だけ外して2本分の電気柵をまたぎました。

夫は私よりも足が長いから余裕ですが…ちびの私はめちゃくちゃ緊張。
冷や汗たらたら流しながらまたぎました。
イノシシを入れないために流す電流ですから、きっとそうとう強いんですよね?

玉宮ざぜん草公園 電気柵
▲自分で外して入らなければならない電気柵

玉宮ザゼンソウ
▲玉宮ざぜん草公園

玉宮ザゼンソウ 玉宮ざぜん草公園 紅白のザゼンソウ
▲座禅草(ザゼンソウ)  右の写真 座禅草(ザゼンソウ)と白っぽいのは青座禅草(アオザゼンソウ) 

水の流れが激しかったのか根っこが見えているザゼンソウがありました。
筋のようなものが入った根っこです。
イノシシはこの根っこが大好きなのかなあ?
それとも、根っこのすぐ上の部分でしょうか?

ちなみみ、ザゼンソウはサトイモ科だそうです。

玉宮ザゼンソウ 根っこ
▲座禅草(ザゼンソウ)の根っこ

平日でお天気も思わしくありませんでしたが、それでも3~4組の方とすれ違いました。
電気柵の中の木の遊歩道とは別に、林道があります。
皆さん林道から眺めているようでした。

玉宮ざぜん草公園
▲これは上の方

林道は小倉山展望台に続いているようです。
ちょっと行ってみたかったのですが、本日お天気が。
「次回、晴れた時にまたチャレンジしたいね」ということに。

溝に住む小さな鳥
「じゃあ、戻りましょうか?」とUターンしたところで、木の上の方から響き渡る鳥の声が。
なんだろう? 目を凝らして見てみますが…姿が確認できません。
どこ? と声のする方へ近付いてみると…

しーん。あれ? どっか行っちゃったかな?
さらに目を凝らします。

すると、先ほど歩いていた木の遊歩道近くの岩に小さな鳥さんが。
あの鳥さんが鳴いていたのかな?
それにしては大きな声だったけど…。

双眼鏡で覗いてみると…
ちょこまかと動く鳥さん。ミソサザイくんでした!

尻尾をピーンと立てて、キョロキョロといった感じのしぐさで再びさえずりはじめます。
その声の大きいこと。そして口の開け方が半端じゃない~。

鳴きやんだかと思ったら小川の淵の薄暗い岩の中へ入って行って、しばらくすると出てくるをくりかえしていました。くちばしには何か小枝のようなものを持って出たり入ったり。

もしかすると、巣づくり?

↓動画と写真撮りましたが…
三脚がなく、林の中なので暗く、ちょこまかとジッとしていてくれないので、ブレブレのボケボケですが…

玉宮ざぜん草公園 ミソサザイ 玉宮ざぜん草公園 ミソサザイ

その後も、木の遊歩道に出てきて杭の上でピョコピョコと体を上下させて右見て左見てさえずり。
おもしろ~い! かわい~い!
動画を撮ったのですが…三脚なかったのでブレブレです。
一応載せてみます。
あまりにおもしろい動きにつられて隣で笑っている夫が…なので音は一部カットしてあります。
一声かけて動画を撮ればよかったのですが…ダンスは突然はじまったのでその余裕がなかったのです。

↓ミソサザイのさえずり動画



ミソサザイくんは、日本に生息する野鳥の中ではトップクラスの小ささだそうで、体長は10cmくらいです。真ん丸だけど尻尾が短いからなあ。
エナガくんとか体は小さいけれど尻尾が長いからなあ。

産卵期は5月~8月。
さえずりは2~3月から始まり、頻繁にさえずるのは4~7月で、10月くらいまで。
オスはなわばりに普通2~4つ袋状の巣を作り(多い場合は8つという例も?)、さえずりでメスを巣に誘導。
オスは巣の骨組みだけ作り、メスが巣を仕上げて産卵。

卵を抱いたり、子育てをするのはすべてメス。
オスはいっさい手伝わず、産卵を確認すると次のメスを求めて巣作りを。

ということで、基本は一夫多妻だそうです。
一夫多妻、世の男性の憧れ?
誰ですか? うらやましいなんて声が聞こえて来たような?
しかし…鳥の世界もいろいろと厳しいようで…
半数は一夫一妻、2割が一夫多妻、残り3割はメスゲットならず…といった内訳のようです。

ミソサザイの名前の由来
最初に名前を、ミソサザエかと思ってなんて美味しそうな(味噌サザエ)名前と思ったものでしたが…
最後の文字は『エ』じゃなくて『イ』なんですよね。

■まずは奈良時代に 『ササキ』 『ササギ』と呼ばれていたようです。
 『ササ』が小さい 『キ』は鳥を示す接尾語 ということで 『小さい鳥』ということ

■平安時代になると 『ササイ』と変化

■室町時代に 『ミゾサンザイ』 『ミソサンザイ』 『ミソサザイ』と呼ばれるようになりこれが定着
 『ミゾ』は小川(溝)のことで『小川(溝)に住んでいる小さい鳥』ということ

■江戸時代にはたくさんの方言が生まれ
 『みそつく』 『みそってう』 『みそっとり』 『みそてう』 『みぞはえ』 『みすくぐり』 『みそぬすみ』など、段々と溝から味噌と解釈されるような名前に変化。

『みそぬすみ』は人家近くに現れるので台所に入って味噌を盗むからとも言われているそうです。
実際は虫やクモなどをとって食べるようなので味噌は盗まないと思いますが…
体の色が味噌に似ていることもあって段々味噌と解釈されるような名前が増えていったのかも?

ちなみにミソサザイを漢字で書くと『鷦鷯』(しょうりょう)と書きます。
『鷯』の左側は『野原を焼く』という意味で焦げ茶色を表したものだそうです。
そういえば見事に周りの土や岩に同化していました。
声を発せず、動かなければ、景色に同化していてまったくと言っていいほど見えないかも。

しかし、これからの季節、求愛に忙しいミソサザイくんは、ちょこまかと動き周り、しかもあまり人を怖がっている様子もなかったので(そんなの気にしていられなかったのかな?)姿を見るのはそんなに難しくないのかもしれません。
またそのうち三脚持って撮影に行ってみたいです。

この後も他の固体だと思われるミソサザイくんを、3羽くらい見ました。
みんな、小川と岩の間や、木の遊歩道の下や、小さな橋の下などを行ったり来たりしていたので、なるほど…溝に住む小さな鳥だ~と納得。なんてね。

【参考文献】
鳥名の由来辞典 柏書房
日本動物大百科 第4巻 鳥類2 平凡社

玉宮ざぜん草公園
所在地:山梨県甲州市塩山竹森(地図はこちら) 駐車場の所在地は塩山平沢?


おもしろかった~。
さて、次はちょっと他も散策ということで…
カタクリの森を見に行ってみました。
長くなりましたのでこちらは別項目にて

 読んでくださってありがとうございます

ブログランキングに参加しています
↓本日もポチっと応援よろしくお願いします♪
人気ブログランキングへ ☆ありがとうございます~♪☆

web拍手 by FC2

Follow gluttonw on Twitter@gluttonw(食いしん坊妻)をフォローする

[テーマ] - [ジャンル] 日記

[ 2009/03/13/(金) 10:55 ] お散歩 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL

宣伝目的のスパムトラックバックを制限するために認証後の掲載となります
言及リンクのないトラックバックは受付けない場合もあります

サイトマップ
カテゴリー
最近の記事+コメント
クリック募金
クリック募金してみませんか?

無料で募金ができます

詳細はこちらをクリック!
ブログランキング参加中!

FC2ブログランキング 人気ブログランキング

人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング ブログランキング・ブログ王

 くる天 人気ブログランキング

FC2拍手ランキング
ブログ記事内にある拍手マークがクリックされた回数でのランキングです
カウンター
グーバーウォーク