FC2ブログ

ぶどう畑に囲まれて

~山梨暮らしのいろいろ日記~

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 読んでくださってありがとうございます

ブログランキングに参加しています
↓本日もポチっと応援よろしくお願いします♪
人気ブログランキングへ ☆ありがとうございます~♪☆

web拍手 by FC2

Follow gluttonw on Twitter@gluttonw(食いしん坊妻)をフォローする

[テーマ] - [ジャンル]

[ --/--/--/(--) --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2009年08月23日(日)

林道ドライブ 乙女湖から川上村へ 

松本に用事があって午後から車で出発。
時間もあることだし一度行ってみたかった林道へGO!

乙女湖→大弛峠→川上村→麦草峠→諏訪→松本へ

乙女湖(琴川ダム)
乙女湖(琴川ダム)でお昼を。
コンビニお弁当でも、素晴らしい景色と美味しい空気の下で食べればそれもまたなかなかのものです。今回はダム事務所の近くの東屋で。

食事を終えて東屋の周りを見てみると…
ウッドチップが気持ちよかったのか野生動物の糞がいくつか。
テンかキツネかなあ?

グラデーションのかかる山並 琴川ダム
▲左 東屋から南方向 残念ながら富士山は手前の山に隠れて見えませんでしたが、山にかかる霧(?)のグラデーションが綺麗
▲右 琴川ダムの堤防

琴川ダム東屋 金峰山
▲左 琴川ダム東屋 周りにはウッドチップが そして野生動物の糞?
▲右 琴川ダムから金峰山を デジカメのズーム機能を使って撮ったのでボヤっとた写真ですが

琴川ダム
▲左 琴川ダム 覗きこんだら鵜が2羽ゆっくりと飛び立って行きました

大弛峠から川上村へ
大弛峠までは舗装された道を行きます。いくらか細い部分もありますが、対向車とのすれ違いもそれほど難しくはないと思います。

大弛峠まではどんよりと雲っていましたが、峠から先は青空が広がっていました。

さて、大弛峠から先は長野県に入ります。ここから川上村まではダート道が続きます。
これがまた聞きしに勝るダートっぷり(笑)
すれ違いも難しそうな細い部分もあります。
幸い、対向車の大きなバンが来た時は広めの場所で助かりました。

川上牧丘線 大弛峠からの青空
▲左 大弛峠に向かう途中の林道 空はどんよりと雲っていたのですが…
▲右 大弛峠から先は青空でした

大弛峠線 大弛峠線から見える景色
▲左 大弛峠まではきちっと舗装された道路ですが…その先『川上村』まではダートが続きます
▲右 途中すごい形の山が目の前にどーんと

いろいろな生物
もちろんスピード出してなんて走れません。
ゴトゴトとゆっくり進みます。
そのおかげで助手席に座っている私はいろいろ見られて楽しかったです。
運転手さんは大変ですが…。

090823_11.jpg エルタテハ?
▲左 ヤマホタルブクロかな? とても綺麗な紫色でした
▲右 タテハチョウの仲間ですよね? エルタテハでしょうか?

ルリビタキ幼鳥? ルリビタキ幼鳥?
▲車のすぐ近くの低い枝や岩の上を移動していましたが、まったく逃げる様子はなく、こちらの様子をうかがっているようでした。黒目がちで斑模様の体に綺麗な青い尾です。ルリビタキの幼鳥かなあ??? 詳しい方がいらっしゃいましたらコメントをぜひ! よろしくお願いします。子供だから好奇心旺盛なのかなあ?

途中河原が見えたので、降りてみました。
変わった色の蝶がゆるやかに飛んでいました。
タテハチョウに似ていますが色が薄く黄色に近い感じでした。
斑模様もあります。カメラのズームで写真を撮ってみましたが…残念ながら手前の枝にピントがあってボケボケ写真になってとても使い物になりません。
帰って来てから図鑑を見てみました。キマダラモドキかなあ?

水冷たいです ガマズミの実?
▲左 水が冷たかったです
▲右 ガマズミの実?

マルバダケブキ マルバダケブキとオオマルハナバチ?
▲左 マルバダケブキ(かな?)が満開の林 
▲右 その花に毛むくじゃらの大きな蜂さんが。一生懸命蜜を集めているようでした。オオマルハナバチでしょうか?

大弛峠から川上村までは1時間20分ほどで降りてきました。
途中、写真を撮ったり、河原で遊んだりしてしまったので車で走っていたのは実質1時間くらいかな?

川上村では特産物の高原レタス畑が。
どこまでも続いている~♪
水をやる時間なのか? それとも1日中なのか? どの畑もスプリンクラーが回って勢いよく出た水が噴水のように、すごい山並みをバックにレタス畑に撒かれていました。

私たちの車も、車道に近いスプリンクラーに攻撃されること3回ほど。
私はすぐに窓を閉めたので無事でしたが…
夫は油断していたのか窓全開だったのでちょっぴりぬれたようです(笑)

川上村レタス畑 川上村レタス畑
▲左 川上村の高原レタス畑 スプリンクラーの水が噴水のよう
▲右 レタスきらきらおいしそう!


さて、まだまだ林道ドライブは続きます。
次は麦草峠を通って諏訪へ出て松本へ。
長くなったので別項目にて。

 読んでくださってありがとうございます

ブログランキングに参加しています
↓本日もポチっと応援よろしくお願いします♪
人気ブログランキングへ ☆ありがとうございます~♪☆

web拍手 by FC2

Follow gluttonw on Twitter@gluttonw(食いしん坊妻)をフォローする
スポンサーサイト

[テーマ] - [ジャンル] 日記

2009年05月10日(日)

長野 中央構造線の断層めぐり 

中央構造線 北川露頭
152号線沿いには中央構造線のスポットが何箇所かあります。
北川露頭はその断層がはっきりとわかる場所です。

ここにも大きな無料駐車場があります。
カラマツの林を抜けて2~3分ほど歩くと鹿塩川が見えてきます。

説明板もあります。
河原に降りてみると明らかに違う色の断層が。なるほど~。
木の葉がない時期なら河原沿いの断層もわかりやすいのかな?

中央構造線北川露頭 鹿塩川
▲中央構造線北川露頭 右は鹿塩川

中央構造線北川露頭
▲後ろを振り返ると、明らかに色の違う断層が


小渋橋と赤石岳
大鹿村に入ると、小渋川にレトロな橋が架かっていて、その向こうには冠雪した山が。
素晴らしい景色でした。

小渋橋と赤石岳
▲小渋橋と赤石岳

中央構造線博物館
その小渋川の広い河原に中央構造線博物館がありました。
入口前には各地域の特徴的な石を配置してあり、真ん中に中央構造線が敷かれています。

内部はとても研究所チックな雰囲気で、断層や地震のメカニズムのパネルや、露頭からはぎとってきた断層の標本も原寸大で飾られています。
ボタンを押すとランプが灯るジオラマ模型があったのですが、中央構造線のボタンを押すと…
「ぐわぁー」という大きな音と共に半分に割れて断層の中身が見えました。びっくりしたー。

中央構造線博物館 電動ジオラマ設備
▲中央構造線博物館 右は電動のジオラマ設備

ろくべん館
中央構造線博物館の奥に「ろくべん館」があります。2館の共通入館券で見学が出来ます。
ろくべん館は、この地域の伝統的な農耕具や、民族文化、古民家内部などが展示されていました。
事前知識無しで入館したのですが、古民家や農耕具が好きなので、思いのほか楽しく、ついついじっくり見学。

館名のろくべんは六段のお弁当の略かと思いましたが、『禄弁』や『独弁』がなまったという説があるようです。
歌舞伎を見る時にこれを持って行き食べながら観劇したようです。
6段のみではなく、7段・8段・10段・12段・16段などや、家紋の入ったものもあったとか。
私は食いしん坊なので、できれば多い段数のお弁当がいいなあ(笑)

ろくべん館 ろくべん
▲ろくべん館 右は館内にあった『ろくべん』

中央構造線博物館・ろくべん館公式ホームページはこちら
所在地:長野県下伊那郡大鹿村大河原988(地図はこちら
電話:0265-39-2205
料金:大人500円 中高校生200円 小学生以下無料(隣接の民俗資料館「ろくべん館」も合わせた料金です)
営業時間:9:30~16:30
定休日:月・火曜日(ただし4月~11月の祝祭日は月・火曜日でも開館) ※年末年始12/28~1/3
駐車場:無料あり

中央構造線 安康露頭
続いては、中央構造線 安康露頭見学。
こちらの入口にも小さな看板があり、駐車場は橋を挟んで3台くらいのものが2つ?
人ひとりがやっと通れる道を川へ下り…あれ? 小さな流れを越えるのかな?
夫はいとも簡単に石を渡って向こう側へ。
私は 「どの石に乗ればいいの~?」と、かなりへっぴり。
なんとか渡れました。

と、反対岸には これまたすごい断層が!

中央構造線安康露頭への歩道
▲中央構造線安康露頭への歩道 

中央構造線安康露頭
▲中央構造線安康露頭 ↑画像をクリックすると別サイトが開いて大きな画像が見られます

やー。こりゃすごい。必見だね。などと、言いつつ…
帰りもへっぴりで小さな流れを渡る私。

地蔵峠
地蔵峠到着。
お地蔵様は道路より少し高い場所に鎮座していました。
看板には『鬼面山→』とありました。登山口でもあるようです。

152号線は、ここ地蔵峠でいったん分断されます。地図上では点線国道と呼ばれている部分です。
ここはどうして国道が切れているのでしょうか? 急勾配のため? 予算の関係?

詳細はわかりませんが…
ここも青崩峠の兵越林道と同じく、蛇洞林道で迂回できます。
こちらの林道も舗装されており、大型以外は通行に支障はありませんでした。

地蔵峠
▲地蔵峠のお地蔵様


しらびそ峠を通って下栗の里へ。
続く。

 読んでくださってありがとうございます

ブログランキングに参加しています
↓本日もポチっと応援よろしくお願いします♪
人気ブログランキングへ ☆ありがとうございます~♪☆

web拍手 by FC2

Follow gluttonw on Twitter@gluttonw(食いしん坊妻)をフォローする

[テーマ] - [ジャンル] 日記

長野 152号線 諏訪~飯田 

長野の152号線をドライブしてきました。

以前、152号線の飯田から静岡への部分を走りましたが、今回は諏訪湖から地蔵峠を通り、しらびそ高原を抜けて下栗の里、遠山郷までを走ってみました。

諏訪からは杖突峠で高遠を目指します。
桜の季節は渋滞覚悟の道ですけれど、今日はほとんど車と出会いません。新緑も綺麗なんですけどねー。特にカラマツが~いい感じです。
新緑の152号杖突峠

国道152号線は、中央構造線の上を走っている道なので、極端に言うと右と左で川の水や山の感じががらりと違っていたり、ゼロ磁場のパワースポットや、中央構造線の断層などが見られる場所などがあって、面白いルートです。

道の駅「南アルプスむら長谷」
杖突峠を下ると道の駅「南アルプスむら長谷」が出てきました。
ここにはたくさんの車、バイクが停まって休憩しています。

道の駅「南アルプスむら長谷」
道の駅 南アルプスむら長谷

焼きたてパンが美味しいらしく、特にミニクロワッサンが有名のようです。
皆さん、20個30個は当たり前で150個とか注文しています。ちょうどお昼だったので、ミニクロワッサンを10個予約。焼きあがるまでに違うパンを食べて待つことに。30分ほどで焼きあがります。

夫は注文の時にごにょごにょと名前を言ったので、お店の方に、通常ありえないような苗字の名前で聞き違えられたのですが、そのまま訂正せず。注文と購入時は違うお姉さんだったのですが通っちゃいました。この辺りではよくある名前なのかな?

南アルプスむら長谷 パン工房のパン

アルプスに挟まれた道だから、涼しいとばかり思っていたのですが、温度は30℃を超えようとしています。異常気象ですよね。
芝生広場のベンチでパンの昼食。さすがに木陰だと涼しくて気持ちいいです。
美味しいねーと食べていると、周囲に殺気が。

じーっと見つめられているような気がして振り返ってみると…そこにはスズメくんが!
パンくずを狙っているようです。

はじめは遠巻きにテーブルを一周。
警戒しながら徐々に近付いてきて、とうとう夫の足から10cmと離れていないところに落ちているパイの大きい欠片をくわえて1mほどあわてて下がるスズメくん。

美味しそうに食べ終えると…再び警戒しながら足元に。
面白かわいかったなあ。

スズメお食事中
▲1m下がってパイの欠片を食べるスズメくん

20分ほど待って、間違えられた苗字を告げクロワッサンを無事ゲット!
ふたくちサイズくらいのクロワッサンは確かひとつ52円?
甘くてサックッと軽く美味しい~。

あ! 写真撮り忘れました。ダメリポーターじゃん。

道の駅「南アルプスむら長谷」パンや
所在地:長野県伊那市長谷非持1400(地図はこちら
電話:0265-98-2968
営業時間:9:00~17:30
定休日:火曜日(祝祭日の場合は営業)
駐車場:無料あり

分杭峠 ゼロ磁場
道の駅から道路沿いに着かず離れずの三峰川の水は白濁していました。
雨などで濁っているのではないようでした。

白濁した三峰川
▲白濁した三峰川

分杭峠の近くにある『ゼロ磁場』というパワースポットへ行ってみました。
15台ほど停められる無料駐車場がありますが、すでに満車に近い状態です。

すごい人気スポットなんですね。
駐車場には『ゼロ磁場』の説明板や有料(寄付)のトイレなどもあります。

中央構造線の真上、標高1424mの分杭峠は、その名の通り、伊那市と下伊那郡大鹿村の境界に位置する峠です。
10年ほど前、この場所にすばらしい『ゼロ磁場』があると、中国の気功師 張志祥さんが発見して、ブームとなったようです。

今では宿泊施設や観光スポットとして村おこしに利用されているようです。

『ゼロ磁場』とは???
とにかく体にいいパワースポットらしいことまではわかったのですが…
気孔などまったく知らない私なので、説明板を読みましたがよくわからず。

中央構造線のふたつの断層がぶつかり合って(『+(プラス)』と『-(マイナス)』?)『ゼロ磁場』が出来ているのではないか。ということでしょうか?

細い山道を少し下ったところに急斜面の谷が見えて来ました。
その急斜面には、木で出来たベンチが沢山並んでいて、目をつぶって深呼吸する方、お弁当を食べながら座る方、おしゃべりする方、水を入れたペットボトルを持ってきている方…などなど、みなさん思い思いに過ごしていらっしゃるようです。

私達もしばらくベンチに座ってみました。
『ゼロ磁場』の効果があるかどうかはわかりませんが、深く深呼吸。
なんて言ってちゃダメかな? 信じるものは救われる?

でも、深い谷間、特に今の時期は新緑を眺めつつの森林浴だけでも体にいい場所と言えそうです。

おばさん(前から座っていたお兄さんに向かって) 「どうですなにか感じましたか?」
お兄さん 「いえ、今のところまだなにも」
おばさん 「そうですか。犬や猫は人間より敏感に感じるそうですよ」

おばさんはインターネットでプリントしてきた紙のようなものを出して眺めながらそんなことを話されていました。

分杭峠 磁場ゼロ パワーポイント 分杭峠 磁場ゼロ パワーポイント
▲分杭峠 ゼロ磁場 パワーポイントへ向かう道 右は急斜面に木のベンチがある場所

分杭峠
▲分杭峠

分杭峠 (地図はこちら

んー、長くなってしまったので、3つくらいに分けてリポートします。
続いては 中央構造線の断層めぐりへ。

 読んでくださってありがとうございます

ブログランキングに参加しています
↓本日もポチっと応援よろしくお願いします♪
人気ブログランキングへ ☆ありがとうございます~♪☆

web拍手 by FC2

Follow gluttonw on Twitter@gluttonw(食いしん坊妻)をフォローする

[テーマ] - [ジャンル] 日記

[ 2009/05/10/(日) 13:17 ] ドライブ | トラックバック(0) | コメント(2)
2009年04月04日(土)

長野・飯田市 天竜峡 散策 

珍しく土曜日にお休みが取れたので、ETC休日特別割引を使ってロングドライブに出かけました。

ETC休日特別割引行き
勝沼→飯田→天竜峡→道の駅『信濃路下條』→三遠南信自動車道→国道153号→信玄塚→名古屋

勝沼→飯田 距離:161.4km  通常料金:3,950円→割引後料金:1,000円

帰り
名古屋(甚目寺北)→東名阪自動車道(250円)→東名高速・中央高速(1,000円)→勝沼

甚目寺北→勝沼  距離:291.7km  通常料金:6,700円→割引後料金:1,250円

※赤文字 有料道路

ということで、通常10,650円かかるところ、2,250円で済みました(-8,400円)

まずは飯田で降りて天竜峡へ。
天竜峡は私は初めてです。
すごい~♪

ライン下りにちょっと興味があったのですが、夫は社員旅行で乗ったことがあるとのことでまあいいか~。と橋の上から眺めるだけにしました。
それでもすごい迫力でした!

天竜峡
▲天竜峡
天竜峡しだれ桜
▲天竜峡とシダレザクラ
天竜峡ライン下り
▲天竜峡ライン下り乗り場

その他の写真(神社・鳥・お花など)はウェブアルバムにアップしました。
興味のある方は↓下記をクリックしてください。

  天竜峡 散策

そうそう、遠くて写真撮れませんでしたが、鵜が魚をとって食べているのを双眼鏡で見ました。
長い間潜ってひょこっと違う場所に出てきたり、おもしろかったなあ。

道の駅『信濃路下條』でソースかつ丼(笑)へ続く


 読んでくださってありがとうございます

ブログランキングに参加しています
↓本日もポチっと応援よろしくお願いします♪
人気ブログランキングへ ☆ありがとうございます~♪☆

web拍手 by FC2

Follow gluttonw on Twitter@gluttonw(食いしん坊妻)をフォローする

[テーマ] - [ジャンル] 日記

[ 2009/04/04/(土) 10:59 ] お散歩 | トラックバック(0) | コメント(0)
2009年03月30日(月)

山梨・早川町 南アルプス邑野鳥公園 

早川町にある『南アルプス邑野鳥公園』へ。
途中、富士川沿いの大柳の新緑や 早川町の満開の桜など眺めつつ進みます。

大柳 早川町の桜
▲富士川沿いの大柳新緑 右は早川町の桜

土砂崩落
現在、土砂崩落のため臨時の道ということで 一部 早川の河原を通ります。

土砂崩落で河原の道へ 土砂崩落で河原の道へ
▲迂回路の標識に従って早川の河原へ  右は河原にできた臨時の道

早川町の土砂崩落
▲早川町の土砂崩落

綺麗な景色を見ながらランチ
お昼は河原近くの公園でお弁当を食べました。

早川、とても綺麗です。

早川 水がきれい!
▲早川 水がきれい!

南アルプス邑野鳥公園
南アルプス邑野鳥公園に来るのは、じつは2回目です。
あれ?? 前回のリポート…ブログにないですね(汗) サボってた空白の期間かな?

駐車場横にある売店でチケットを購入します。
売店は小さいですが、地元の野菜やお味噌など観光の方向けの商品のほか、地元の方の日用品などもちょこっと置いてあるようです。

400円払ってチケットをもらいます。
これを吊り橋を渡ってちょっと行ったところにある管理棟受付へ持って行き半券を切ってもらいます。

テングチョウ
↓吊り橋手前でテングチョウがヒラヒラとお出迎え。
鼻(本当は唇?)が天狗のように長い蝶です。

テングチョウ
▲テングチョウ

南アルプス邑 野鳥公園 管理棟 エサをとりにきたヤマガラ
▲南アルプス邑 野鳥公園 管理棟  右はエサ台にやってきたヤマガラくん(後ろ頭)

オシドリ池まずは、管理棟内から鳥のエサ台を観察。
ヤマガラやコガラなど、ピューッと飛んできてエサをくわえ、すぐにピューッとキビスを返す鳥くんたち。
そのすばやいこと…。カメラのシャッター押してみたけど…ご覧の通り後ろ頭しか写ってません(笑)↑右上の写真です

園内には小さな池があり、管理棟からもフィールドスコープを使って鳥の姿をアップで見ることができるようになっています。

以前来た時はカワセミくんが来ていましたが、今回は何もいませんでした。
「運がよければヤマセミくんにも逢えるかも?」と期待していたのですが…残念。
ヤマセミくんは池のお魚を目当てに訪れるようです。
朝夕が狙い目なのかな?

園内を散策
園内マップの横にあった注意書きには…

「ケモノ道ふうです。一人での散策は、ご遠慮ください」
「川の増水時には、3番から先が通れなくなる場合があります」

などの文字が!

管理棟でいただいたガイドマップによると、1周 約20~30分と書いてありました。
私たちは寄り道多いので 40分ほどかけて周りました。

まずは河原の近くでシカの足跡らしきものを発見!
足跡と足跡の間の長さは48cmほどでした。

園内マップと注意書き シカかカモシカの足跡?
▲園内マップと注意書き 右はシカかカモシカの足跡?

アブラチャン?
芽吹きがはじまった木もありましたが、これからのものも。
これからいい季節ですね。
そんな中、小さくてかわいいアブラチャン(ダンコウバイ?)の黄色い花はお日様の光を受けてキラキラ輝いていました。

アブラチャンってなんかおもしろい名前ですね。
アブラチャン(油瀝青)はクスノキ科クロモジ属の落葉低木です。
ダンコウバイと花が似ていて私にはどっちらがどっちらかよくわかりません。
見分け方は、花柄があるのがアブラチャン。枝に直接花がついているのがダンコウバイのようです。
次回、よく観察してみようと思います。

空と芽吹き前の木
▲空と芽吹き前の木 右にキラキラ光っている黄色い花はアブラチャンでしょうか? ダンコウバイでしょうか?

さえずり広場でさえずり合戦?
さえずり広場には、小さなカラマツの木が新芽を今まさに吹こうとしている時でした。

さえずり広場なので耳を澄ますと…遠くから大きな声で
『ツィーツィーピー、ツィーツィーピー、ツィツィ」とゆっくり鳴いている鳥さんが。
2羽で競争して鳴いているようでした。ヤマガラくんたちのさえずり合戦かなー?

なんの巣箱でしょう?
園内には巣箱がかけられていました。
鳥の巣箱に混じって、厚みの薄い巣箱(?)も。
こちらには正面に入口がありません。
これは? 巣箱? 違ったりして。

以前どこかで見た本に載っていた『コウモリの巣箱』に似ている形でしたが…コウモリかなあ?

なんの巣箱でしょう?
▲なんの巣箱でしょう? コウモリの巣箱?

ビロードツリアブ?
森の中を毛むくじゃらな蜂のような虫が飛んでいました。
なにかを探しながら、空中静止(ホバリング)。
飛んでいる虫を撮ったので写真ボケボケですが…
たぶん、ビロードツリアブかなー?

ビロードツリアブ?(ビロウドツリアブ?)
▲ビロードツリアブ?(ビロウドツリアブ?)

キノコ?
木にニョキニョキと!
・ピンポン玉大
・茶色に白い点々がある
・真ん丸い
・硬めだが、カチカチではない
・木はアカマツ???

キノコでしょうか? なんていう種類でしょうー?
どなたかわかる方いらっしゃいませんか?

キノコでしょうか? 真ん丸でピンポン玉大
▲キノコでしょうか? 真ん丸でピンポン玉大

炭焼き窯跡とシカのいそうな斜面
炭焼き窯の跡がありました。
『昭和の初期(推定50年前) 70俵くらいの黒炭が焼かれた』と書かれた木の立て札が…倒れていました。70俵…すごい量のような気がするけれど、その頃 炭はバリバリ現役だったのかな?

斜面には、鹿くんたち潜伏していそうでしたが…
お日様の高い時間ですので まだ出勤してきていないようでした。
河原に足跡いっぱいでしたから夕方には鹿天国かなー?

炭焼き窯 シカやカモシカいそうなんですが…
▲昭和初期に使われていた炭焼き窯 シカやカモシカいそうなんですが…↑

動物の足跡 動物の足跡アップ
▲こちらは吊り橋から見た河原です 動物の足跡がいっぱい 右は足跡のアップ

吊り橋には!
行きに吊り橋の写真撮るの忘れていました。
↓これは帰りに撮った写真です。

私 「あ! 吊り橋にヤマセミがっ!!」
夫 「……」

彼は動きません。
ツクリモノ(カービング?)のヤマセミくんでした。
本物が見たかったなあ。
またそのうち早起きして逢いにきましょう!

早川野鳥公園吊り橋 偽ヤマセミ
▲野鳥公園へ行く吊り橋  右は…あ! ヤマセミ???


その他の写真(カラマツの新芽・キブシ・コガラなど)はウェブアルバムにアップしました。
興味のある方は
↓下記をクリックしてください。

南アルプス邑 野鳥公園 散策


南アルプス邑 野鳥公園公式ホームページはこちら
所在地:山梨県南巨摩郡早川町黒桂745(地図はこちら
電話:0556-48-2288
入園料:大人(高校生以上)400円 / 小人(小・中学生)200円
開園時間:4月~10月 9:00~17:00 / 11月~3月 9:00~16:30
定休日:毎週火曜日 年末年始(12月29日~1月3日)
駐車場:無料あり

 読んでくださってありがとうございます

ブログランキングに参加しています
↓本日もポチっと応援よろしくお願いします♪
人気ブログランキングへ ☆ありがとうございます~♪☆

web拍手 by FC2

Follow gluttonw on Twitter@gluttonw(食いしん坊妻)をフォローする

[テーマ] - [ジャンル] 日記

[ 2009/03/30/(月) 11:50 ] お散歩 | トラックバック(0) | コメント(0)
2009年03月25日(水)

山梨・南アルプス市 油川 

『カインズホーム甲西店』近くの油川を散策しました。
いい感じに自然が残る小さな川です。

じつは『カインズホーム』に向かう車の中から川を見ていたら茂みに逃げ込むバンくんが見えたのです。
そして校庭のライトには…カラスが巣を。
ということで急遽散策してみることになりました。

ヒバリはどこに?
まだ田植えのはじまらない田んぼにはヒバリがいるようで、よく通る声でピリピリピリと鳴いていました。あんなにずっと鳴き続けて疲れないのかなあ? たぶん飛びながら鳴いていると思うのですが…田んぼがたくさんあって広いので、声のする方を見てみましたがどこで鳴いているのかわかりませんでした。

油川 カルガモ?
▲油川 右はカルガモの団体さんかな? 田んぼで一生懸命なにか食べているようでした。でも食べながらも、みんな目だけはこちらを気にしているようです…

ヒヨドリ カラスの巣づくり
▲ヒヨドリとヤナギの若木? 右は校庭のライトにカラスの巣 骨組みはたくさんの針金ハンガー…かな?

オドリコソウ ホトケノザ
▲河原のオドリコソウ 右はホトケノザ

タンポポの綿毛 カワウ?
▲タンポポの綿毛 右はカワウかな?

ヤナギの若木? ヤナギの花?
▲ヤナギの若木でしょうか? 右は花のアップ 黄色と黄緑色が綺麗です

油川
▲お天気も段々回復し青空と雲が川に写って綺麗でした

臆病なバンくん
先ほど車の中から見た一羽のみなのかなー? と思って歩いていると…
遠くにヒョコヒョコ泳ぐ鳥さんが!

バンはカモとは泳ぎ方が違うし、少し小さいので遠くから「あれかな?」と気付きます。
驚かさないようにゆっくりと近付くのですが…とても臆病な鳥さんで、人が近付くとすぐに茂みに入ってしまいます。
一度茂みに入ると、しばらく待っていてもなかなか出てきません。

比較的川幅のある場所で、背の高いアシ(ヨシ?)に隠れてやっと姿を見ることができました。↓

バン
▲とても臆病なバンくん

一羽だけしかいないのかもと思いかけたバンくんでしたが…隠れて見ていたら同じ茂みに3羽いました。
やっぱり怖がりなので隠れていたのかな?

一羽のバンはお尻をぴょこぴょことさせておもしろい動きでした。
あれはどういう意味があったんだろう? 繁殖行動? 威嚇? 普通の動き?
↓動画です。バン小さいですが…




ここで見た鳥さんたち
カルガモ、マガモ、ハクセキレイ、キセキレイ、カラス(巣づくり)、ムクドリ、キジバト、スズメ、ヒヨドリ、カワウ、バン


ビバリ、ウグイス



 読んでくださってありがとうございます

ブログランキングに参加しています
↓本日もポチっと応援よろしくお願いします♪
人気ブログランキングへ ☆ありがとうございます~♪☆

web拍手 by FC2

Follow gluttonw on Twitter@gluttonw(食いしん坊妻)をフォローする

[テーマ] - [ジャンル] 日記

[ 2009/03/25/(水) 14:17 ] お散歩 | トラックバック(0) | コメント(0)
2008年12月10日(水)

ススキとクレソン? 

朝はすごい霧でしたが…お昼には晴れてぽかぽか陽気。
お散歩…暑いくらいでした。

重川の河原には、ススキかな? カヤかな? キラキラと輝いて綺麗です。

重川 ススキ? カヤ?
▲重川 昨日の雨で水量が増しているようです   ▲こちらはススキ? カヤ?

ふと、川の流れをみつめると…
そこにはクレソンでしょうか? わさわさと い~っぱい。

クレソンでしょうか?
▲クレソンかな? 水面キラキラ綺麗です

 読んでくださってありがとうございます

ブログランキングに参加しています
↓本日もポチっと応援よろしくお願いします♪
人気ブログランキングへ ☆ありがとうございます~♪☆

web拍手 by FC2

Follow gluttonw on Twitter@gluttonw(食いしん坊妻)をフォローする

[テーマ] - [ジャンル] 日記

[ 2008/12/10/(水) 13:41 ] お散歩 | トラックバック(0) | コメント(0)
2008年08月18日(月)

東京・青梅 多摩川 

赤塚不二夫会館がやっていなかったので、さて時間があまっちゃってるよ、どうしよう。
じゃあ、多摩川上流にある小澤酒造『澤乃井』さんに行ってみようか。
なんとなくいやな予感ビシバシだけど…。

と言いつつ、向かってみましたら…
案の定、月曜定休日。。。がっくし。

さてさて、仕方ない…多摩川でも眺めてぶらぶらしてみますか。
河原の方へ。涼しくて水の流れの音が心地よかったです。

青梅多摩川 青梅多摩川
▲多摩川
青梅寒山寺 青梅寒山寺の龍
▲『澤乃井』さんの向こう岸にお寺が。龍の石造

 読んでくださってありがとうございます

ブログランキングに参加しています
↓本日もポチっと応援よろしくお願いします♪
人気ブログランキングへ ☆ありがとうございます~♪☆

web拍手 by FC2

Follow gluttonw on Twitter@gluttonw(食いしん坊妻)をフォローする

[テーマ] - [ジャンル] 日記

[サイト内タグ] | 風景.川 |
[ 2008/08/18/(月) 16:41 ] お散歩 | トラックバック(0) | コメント(0)
2008年07月26日(土)

寝覚の床&妻籠宿 

木曽路にちょっくら用事ができたので、ついでに『寝覚の床』と『妻籠宿』に行ってみました。
夫が前から行きたいと言っていた場所です。
すごいところでしたよー、寝覚の床。
妻籠宿も風情たっぷりでよかったです。

寝覚の床 (地図はこちら
ドライブインの駐車場に車を止めて臨川寺さんの境内へ。
こちらからですと拝観料200円ですが、寝覚の床が見下ろせますし、遊歩道を5分ほどで寝覚の床へも降りられます。行きはよいよい、帰りはこわい? ちょっぴりですが帰りは登り坂になります。

また、このでっかい岩の上に行けるようで、後からきた年配のご夫婦は岩の上で記念写真を撮っていらっしゃいました。
私は臆病者なのでとても怖くて行けませんでした。
足を滑らせて川に転落する方も年に何人かいらっしゃるそうです。
乗ってみたい方はどうぞくれぐれもお気をつけて。
行く途中坂もありますし、濡れた石は滑りますから女性の方はヒールは避けたほうがよいかと思われます。

下流にある裏寝覚にも行ってみたかったのですが、熊が出没しているとのことで今回はあきらめました。次回ぜひ見てみたいです。
寝覚の床 寝覚の床
▲臨川寺さんから寝覚の床を見下ろす。JRがすぐ横を走っています。電車からも見えるってことですね?
 
寝覚の床
▲寝覚の床

寝覚の床には、浦島太郎が竜宮城から帰ってきて玉手箱を開けた場所という伝説があるそうです。
太郎さんが夢から覚めた場所、岩が床のような形だったから『寝覚の床』ですか。なるほど。

この寝覚の床、花崗岩が木曽川の水流によって侵食されてできた自然のものだそうです。
とにかくスケールが大きく迫力満点、造形も他にはちょっとないすごさがあります。こんな形の岩がごろごろしているのを見たことないです。(私が見たことないだけで他にもありますか???)

セミ 寝覚の床横の小さな滝
▲蝉も暑そうに欄干の下へ避難(?)していました。 右は寝覚の床の横にあった小さな滝

寝覚の床でみた小さな花 トラノオ?
▲小さな小さな花も咲いていました。なんていう花かな? 右はたぶんトラノオです

お昼は木曽福島のくるまや本店さんへ。
お蕎麦うまーーー。
詳細はこちらをご覧下さい。

妻籠宿 (地図はこちら
この日はとても暑く(車についている室外計はなんと42℃をさしていました)
妻籠宿を散策しましたが一周でへろへろに。
五平餅のおいしいという湯屋さんへお邪魔して涼みがてら五平餅をいただきました。
湯屋さんの五平餅詳細はこちらをご覧下さい。

妻籠宿
▲妻籠宿

妻籠宿 妻籠宿高札場
▲妻籠宿 右は昔のお上の御達しを掲げた高札場(今で言うところの掲示板でしょうか?)

少し先にある馬籠宿もと思っていましたが、あまりの暑さと時間もなくなってしまったので今回はあきらめました。そのうちまた訪れてみたいものです。





 読んでくださってありがとうございます

ブログランキングに参加しています
↓本日もポチっと応援よろしくお願いします♪
人気ブログランキングへ ☆ありがとうございます~♪☆

web拍手 by FC2

Follow gluttonw on Twitter@gluttonw(食いしん坊妻)をフォローする

[テーマ] - [ジャンル] 日記

[ 2008/07/26/(土) 10:22 ] ドライブ | トラックバック(0) | コメント(0)
2008年05月06日(火)

山梨・甲府市 貢川と県立美術館 

貢川と県立美術館庭園を散策。

貢川の葉桜と富士山
まずは富士山から。とても綺麗でした。
富士山と貢川 富士山
▲貢川の葉桜と富士山 右は富士山アップ

ヒヨドリの水浴び
日差しがとてもまぶしく暑い1日でした。
ふと、川の側溝を見ると、ヒヨドリが2羽バサバサと水浴びをしていました。
↓動画撮ってみました。



カメカメ天国
岸の水際を見ると…そこにはたくさんのカメさんたちがうっとりした顔で甲羅干ししていました。
ミシシッピアカミミガメでしょうか?
縁日の屋台で売っているミドリガメはこのミシシッピアカミミガメの子供だそうです。
甲羅干ししている亀は30cmはありそうな大きさでした。
こんなに大きくなるんですね。びっくり。
カメカメカメ カメ
▲カメカメ天国    顔小さいわりに後ろ足がでっかいです↑
カメ カメ
▲耳が赤くて首に黄色いスジ?

ムクドリくんは大物を?
ムクドリくんは河原の茂みから飛び出してきて、クチバシでなにか大物をぶるぶる振り回してやっとの思いで胃袋に納めたようでした。ちょっと離れていたので犠牲者がなんだったのかは確認できませんでした。
ムクドリお食事
▲ムクドリくんはなにか大物を捕まえたようです カエル? ムシ?

モズっ子?
ピーピーと畑から聞きなれた感じの鳴き声が。
モズっ子? と思って見ると…
畑の支柱の上に親子が。
しかし、いつも見慣れているモズくんとはなんだかちょっぴり違う雰囲気。
肩の茶色が多目で足もスラリ?
個体差があるもんなのでしょうか? それとも違う種類?
写真を撮っていたら畑の持ち主さんが家から出てきてモズたちは茂みに入ってしまいました。
モズっ子? モズお母さん?
▲左にいるのがモズっ子? 右はお母さんかな???


山梨県立美術館庭園
アゲハ シジュウカラ
▲アゲハチョウ 右はシジュウカラ

葉っぱの赤ちゃん イチョウの新緑 
▲葉っぱの赤ちゃんたち

山梨県立美術館からの富士山
▲山梨県立美術館庭園からの富士山

 読んでくださってありがとうございます

ブログランキングに参加しています
↓本日もポチっと応援よろしくお願いします♪
人気ブログランキングへ ☆ありがとうございます~♪☆

web拍手 by FC2

Follow gluttonw on Twitter@gluttonw(食いしん坊妻)をフォローする

[テーマ] - [ジャンル] 日記

[ 2008/05/06/(火) 08:51 ] お散歩 | トラックバック(1) | コメント(2)
2008年04月27日(日)

山梨・雨畑 惹かれる場所 

用事があって雨畑へ。
新緑ドライブ気持ちがいい~♪

どんどん山の中へ。
川の反対岸、山の中腹にガードレールが見えます。
かなり急な坂道のようです。あそこ登るのか…。どきどき。
橋を渡って急斜面を登り山の上の集落へ。

雨畑 080427_07.jpg
▲中腹にガードレールが見えます 右はガードレールのアップ

雨畑 雨畑
▲先ほど見えていたガードレールの道はこんな感じ 右はそのガードレールから川を見下ろした風景

地図にあった神社のマーク…。
集落の入口、鉄柵の外に小さな祠がありました。
? 雨畑
▲集落に咲いていた白い木の花(なんでしょう?) 右は鎮守様?

おうちは10軒ほどでしょうか。
集落はぐるりと鉄柵に囲まれて、動物避けなのか? 電流が流れているようです。
熊とか鹿とか猪とか猿とか??? でるのかな?

雨畑 雨畑
▲集落の全景 右は集落の周りに張り巡らされた鉄柵

普通の畑はもちろん、お茶畑や、ワラビ・タラノメなどの山菜畑(?)、炭焼きの小屋のようなもの、蜂箱などもありました。
自給自足の生活ができそうですね。
憧れるなあ。いつかはこんなところに住んでみたいものです。



 読んでくださってありがとうございます

ブログランキングに参加しています
↓本日もポチっと応援よろしくお願いします♪
人気ブログランキングへ ☆ありがとうございます~♪☆

web拍手 by FC2

Follow gluttonw on Twitter@gluttonw(食いしん坊妻)をフォローする

[テーマ] - [ジャンル] 日記

[サイト内タグ] | 風景.山 | 風景.川 |
[ 2008/04/27/(日) 12:55 ] ドライブ | トラックバック(0) | コメント(2)
カテゴリー
最近の記事+コメント
ブログランキング参加中!

FC2ブログランキング 人気ブログランキング

ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

くる天 人気ブログランキング

FC2拍手ランキング
ブログ記事内にある拍手マークがクリックされた回数でのランキングです
カウンター