FC2ブログ

ぶどう畑に囲まれて

~山梨暮らしのいろいろ日記~

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 読んでくださってありがとうございます

ブログランキングに参加しています
↓本日もポチっと応援よろしくお願いします♪
人気ブログランキングへ ☆ありがとうございます~♪☆

web拍手 by FC2

Follow gluttonw on Twitter@gluttonw(食いしん坊妻)をフォローする

[テーマ] - [ジャンル]

[ --/--/--/(--) --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2009年05月10日(日)

長野 しらびそ峠→隕石クレーター→下栗の里 

しらびそ峠しらびそ峠
地蔵峠で断絶した152号と分かれますが、そのままの道で、蛇洞林道へと道は変わり進みます。
152号線に戻らずにしらびそ峠へ。
峠には綺麗なホテル 上村 村営ハイランドしらびそもあります。
南アルプスの絶景ポイントです。

谷底の方から、ぱきぱきと枝を踏み折るような音が聞こえました。
鳥ではなさそう… はっ! クマ? シカ?

目を凝らして谷底を見てみましたが、残念ながら姿は見えず。

しらびそ峠から南アルプス
▲しらびそ峠からの南アルプス ↑画像をクリックすると別サイトが開いて大きな画像が見られます

御池山隕石クレーター
しらびそ峠から下栗の里までは「南アルプスエコーライン」というスーパー林道になります。
しらびそ峠近辺は整備されていて綺麗な道です。

眺望の開けたところに出ると、隕石クレーターを道路から見渡せるポイントと言う看板が出てきました。
ここは日本で初めて認定された隕石クレーターとのことです。
数万年前に直径40mほどの隕石が衝突し、直径900mほどのクレーターを形作り今でも40%ほどが残っているとのこと。平成15年に発表されたばかりで、まだ最近の発見のようですね。

見晴らしてみると、普通の谷にも見えるし、言われてみると隕石孔にも見えるような…。
外側にある遊歩道やクレーターの中などを実際に歩いてみたリすると、もっとわかったかもしれません。

見晴らし台のような空き地に出ると、先日来の雨でできた水溜りにカエルの卵ぎゃ!
ありゃこんな水溜りにー。

道沿いには、クレーターの境界線や、隕石の衝突による衝撃がわかる岩などのスポットがパネルと共にありました。車を徐行させながら、スゴイねーと見学。


▲隕石クレーターを道路から見渡せるポイントから  カーソルを合わせると隕石が落ちたとされる場所に赤丸がでます(たぶんこの辺りかなー?)

御池山隕石クレーター案内板 隕石クレーター境界板
▲御池山隕石クレーター案内板 

隕石の衝撃を受けた岩 隕石の衝撃を受けた岩
▲隕石の衝撃を受けた岩々

カエルの卵塊
▲水たまりのカエルの卵

桜と新緑日本のチロル『下栗の里』
谷底に向かって標高800m~1100mの間に耕地や民家が点在する風景。傾斜が30~40度もある場所に下栗の里はあります。

お腹がすいたので『はんば亭』でおそばでも? と思いましたが…
16時までだったようです。
近づいてお店を覗いていたら…電気が消えました。がっくし。
そのうちまた食べに来たいなあ。

『はんば亭』の前の階段で見たことのない甲虫を見ました。
コメツキムシのような形でメタリックグリーンのボディ、足はオレンジと黒のツートンです。
大きさは1cm強です。
標高1000mくらいにいる虫なんでしょうか?
なんという虫でしょう???
メタリックグリーンのボディがとても綺麗でした。

日本のチロル下栗の里 日本のチロル下栗の里
▲日本のチロル『下栗の里』 右は茶畑
日本のチロル下栗の里 メタリック緑の甲虫
▲日本のチロル『下栗の里』 右はメタリックグリーンの甲虫

下栗 拾五社大明神
『はんば亭』から少し下ったところに神社がありました。
パンパンとお参り。

この神社でも『霜月祭』が行われるようで、案内板や裏口の戸に登場順番の記された紙が貼ってありました。

下栗拾五社大明神 下栗拾五社大明神
▲下栗 拾五社大明神
下栗拾五社大明神 下栗拾五社大明神
▲下栗 拾五社大明神

半鐘
ぐるぐると道を下って行くと素敵な半鐘が見えました。
近くを通る時に写真を撮ろうと思って下って行ったのですが、どうやら枝道にあったようで写真を撮ることができませんでした。残念。次回はぜひ。

キジ
国道152号へ下りて、そろそろお風呂に入って帰りましょうか? と話ながら『かぐらの湯』をめざしていると…田んぼの横にオスのキジが。
じっとしていたのでなんとか写真撮れました。
キジ(雄)
▲田んぼの横にじっとしていたオスのキジ

『かぐらの湯』は別項目にて
つづく

 読んでくださってありがとうございます

ブログランキングに参加しています
↓本日もポチっと応援よろしくお願いします♪
人気ブログランキングへ ☆ありがとうございます~♪☆

web拍手 by FC2

Follow gluttonw on Twitter@gluttonw(食いしん坊妻)をフォローする
スポンサーサイト

[テーマ] - [ジャンル] 日記

長野 中央構造線の断層めぐり 

中央構造線 北川露頭
152号線沿いには中央構造線のスポットが何箇所かあります。
北川露頭はその断層がはっきりとわかる場所です。

ここにも大きな無料駐車場があります。
カラマツの林を抜けて2~3分ほど歩くと鹿塩川が見えてきます。

説明板もあります。
河原に降りてみると明らかに違う色の断層が。なるほど~。
木の葉がない時期なら河原沿いの断層もわかりやすいのかな?

中央構造線北川露頭 鹿塩川
▲中央構造線北川露頭 右は鹿塩川

中央構造線北川露頭
▲後ろを振り返ると、明らかに色の違う断層が


小渋橋と赤石岳
大鹿村に入ると、小渋川にレトロな橋が架かっていて、その向こうには冠雪した山が。
素晴らしい景色でした。

小渋橋と赤石岳
▲小渋橋と赤石岳

中央構造線博物館
その小渋川の広い河原に中央構造線博物館がありました。
入口前には各地域の特徴的な石を配置してあり、真ん中に中央構造線が敷かれています。

内部はとても研究所チックな雰囲気で、断層や地震のメカニズムのパネルや、露頭からはぎとってきた断層の標本も原寸大で飾られています。
ボタンを押すとランプが灯るジオラマ模型があったのですが、中央構造線のボタンを押すと…
「ぐわぁー」という大きな音と共に半分に割れて断層の中身が見えました。びっくりしたー。

中央構造線博物館 電動ジオラマ設備
▲中央構造線博物館 右は電動のジオラマ設備

ろくべん館
中央構造線博物館の奥に「ろくべん館」があります。2館の共通入館券で見学が出来ます。
ろくべん館は、この地域の伝統的な農耕具や、民族文化、古民家内部などが展示されていました。
事前知識無しで入館したのですが、古民家や農耕具が好きなので、思いのほか楽しく、ついついじっくり見学。

館名のろくべんは六段のお弁当の略かと思いましたが、『禄弁』や『独弁』がなまったという説があるようです。
歌舞伎を見る時にこれを持って行き食べながら観劇したようです。
6段のみではなく、7段・8段・10段・12段・16段などや、家紋の入ったものもあったとか。
私は食いしん坊なので、できれば多い段数のお弁当がいいなあ(笑)

ろくべん館 ろくべん
▲ろくべん館 右は館内にあった『ろくべん』

中央構造線博物館・ろくべん館公式ホームページはこちら
所在地:長野県下伊那郡大鹿村大河原988(地図はこちら
電話:0265-39-2205
料金:大人500円 中高校生200円 小学生以下無料(隣接の民俗資料館「ろくべん館」も合わせた料金です)
営業時間:9:30~16:30
定休日:月・火曜日(ただし4月~11月の祝祭日は月・火曜日でも開館) ※年末年始12/28~1/3
駐車場:無料あり

中央構造線 安康露頭
続いては、中央構造線 安康露頭見学。
こちらの入口にも小さな看板があり、駐車場は橋を挟んで3台くらいのものが2つ?
人ひとりがやっと通れる道を川へ下り…あれ? 小さな流れを越えるのかな?
夫はいとも簡単に石を渡って向こう側へ。
私は 「どの石に乗ればいいの~?」と、かなりへっぴり。
なんとか渡れました。

と、反対岸には これまたすごい断層が!

中央構造線安康露頭への歩道
▲中央構造線安康露頭への歩道 

中央構造線安康露頭
▲中央構造線安康露頭 ↑画像をクリックすると別サイトが開いて大きな画像が見られます

やー。こりゃすごい。必見だね。などと、言いつつ…
帰りもへっぴりで小さな流れを渡る私。

地蔵峠
地蔵峠到着。
お地蔵様は道路より少し高い場所に鎮座していました。
看板には『鬼面山→』とありました。登山口でもあるようです。

152号線は、ここ地蔵峠でいったん分断されます。地図上では点線国道と呼ばれている部分です。
ここはどうして国道が切れているのでしょうか? 急勾配のため? 予算の関係?

詳細はわかりませんが…
ここも青崩峠の兵越林道と同じく、蛇洞林道で迂回できます。
こちらの林道も舗装されており、大型以外は通行に支障はありませんでした。

地蔵峠
▲地蔵峠のお地蔵様


しらびそ峠を通って下栗の里へ。
続く。

 読んでくださってありがとうございます

ブログランキングに参加しています
↓本日もポチっと応援よろしくお願いします♪
人気ブログランキングへ ☆ありがとうございます~♪☆

web拍手 by FC2

Follow gluttonw on Twitter@gluttonw(食いしん坊妻)をフォローする

[テーマ] - [ジャンル] 日記

カテゴリー
最近の記事+コメント
ブログランキング参加中!

FC2ブログランキング 人気ブログランキング

ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

くる天 人気ブログランキング

FC2拍手ランキング
ブログ記事内にある拍手マークがクリックされた回数でのランキングです
カウンター