FC2ブログ

ぶどう畑に囲まれて

~山梨暮らしのいろいろ日記~
2008年08月03日(日)

山梨・石和 石和温泉連夜花火 

ブログを書くのが遅くて今年はもう終わってしまいましたが(汗)…
石和の笛吹川沿いで7月20日~8月20日まで、毎晩20:50~10分間花火の打ち上げをやっているということなので行ってみました。

笛吹市役所駐車場が開放されているようで、みなさんそこに停めていらっしゃいました。
本当はダメなのかな?

石和の花火大会は毎年8月21日に大きなものが行なわれています。
2006年に行きましたが、笛吹川沿いにずらりと屋台が立ち並び混雑ぶりも半端なものではありません。
こちらは去年から観覧席も発売したようですね。
2006年の夏なのでブログサボっている時ですね。
写真をひっくりかえして載せておきます。
詳しくはこちらをご覧ください

ついでと言ってはなんですが、2006年市川三郷町「神明の花火大会」もブログアップしました。
興味のある方はこちらへどうぞ

連夜のものは10分間だからどうかなー? と思いましたが、なかなかどうして見ごたえ充分です。
あまり混雑もなくゆったりと見られるところもいいです。

7月20日~8月17日には、稚鯉すくい・恋鯉コインゲームというイベントも同会場で行なわれていたようです。これは無料なのかな? ジュースを買った人???
こちらは花火開始と共に終了のようでした。
私達は花火が上がる時間ギリギリに行ったので、参加できませんでした。
稚鯉すくいは皆さんがやっているのを少し見られましたが、鯉の赤ちゃんを金魚すくいの時に使う紙の丸いやつ(あれなんていうんでしょう?)ですくいます。
皆さん、これまた金魚すくいの時みたいなビニールの袋に入れてもらって帰っていましたが…水槽で飼うのかな? 鯉だから大きくなるのでは???

携帯カメラの写真なのでボヤボヤですが…一応雰囲気だけ。
実際はもっといろいろな種類の花火も上がりキレイでしたよ。

他にも水・木・土・日曜日は全国でも珍しい「徒歩鵜(かちう)」というのが見られたり、1日限定2名まで体験参加(有料)できたりしたようです。
参加料は鵜飼Tシャツ付きで1000円。なんかちょっとやってみたいかも。

石和花火 石和花火
▲石和花火

石和 稚鯉すくい
▲稚鯉すくい

来年もやるのかな?
2008年のデーターなのでご参考まで。
詳しくは笛吹市のホームページおよび石和温泉旅館組合のホームページをご覧ください。

石和温泉夏物語!詳細はこちら
石和温泉連夜花火!!
場所:笛吹市役所前 笛吹川河川敷(地図はこちら
日程:7月20日~8月20日の毎夜
時間:20:50~10分間
※天候により中止の場合あり

稚鯉すくい・恋鯉コイン ゲーム
場所:笛吹市役所前 笛吹川河川敷(地図はこちら
日程:7月20日~8月17日の毎夜
時間:19:00~20:50
※天候により中止の場合あり

全国でも珍しい「徒歩鵜」石和鵜飼まつり体験参加申し込みなど詳細はこちら
場所:笛吹市役所前 笛吹川河川敷(地図はこちら
日程:7月20日~8月19日 期間中の水・木・土・日曜日
時間:20:00~20:50
体験:7月23日~8月17日の水・木・土・日曜日 1日限定2名(有料1000円鵜飼Tシャツ付き)
※天候・笛吹川の水量により中止の場合あり

 読んでくださってありがとうございます

ブログランキングに参加しています
↓本日もポチっと応援よろしくお願いします♪
人気ブログランキングへ ☆ありがとうございます~♪☆

web拍手 by FC2

Follow gluttonw on Twitter@gluttonw(食いしん坊妻)をフォローする
スポンサーサイト




[テーマ] - [ジャンル] 日記

[ 2008/08/03/(日) 20:54 ] 花火大会 | トラックバック(0) | コメント(0)
2008年04月15日(火)

おみゆきさん 

石和を車で走っていると前にゆっくりと走る飾りを付けた軽トラック。
沿道には人々がたたずんで何か軽トラックに投げ込んでいる様子。
よく見るとなにやらお賽銭のようなものを皆さんうれしそうに投げ込んでいるじゃありませんか。
??? いったいなんのお祭り?

軽トラックを追い越し進むと、さらに何台か前にお神輿のようなものがトラックに乗って移動しているのが見えました。

んんん? 

家に帰ってから両親に話すと…
「おみゆきさんだよ」とのこと。
ああ、そういえば昔は担いだお神輿も現在はトラックで運ぶって聞いてたのに…なんでかまったく思い出せなかったなあ。

御幸祭(通称おみゆきさん)は、一宮(笛吹・甲斐一宮浅間神社)、二宮(笛吹・美和神社)、三宮(甲府・玉諸神社)からみこし3基が繰り出し甲府の信玄堤まで練り歩くお祭りです。
女物の長襦袢を着て化粧をした男性が「ソコダイソコダイ」とかけ声をかけながら神輿を担ぐそうです。昔は川の中も神輿を担いで渡ったそうです。

距離がかなりありますし、昔と違って若い担ぎ手が少なくなったためトラックもやむ終えないのかもしれませんね。

写真見ると後ろのバスの窓から着物の袖が覗いています。
すべてトラックで運ぶわけではなく、時々バスを降りて担いだりするのかしら???
ちょっと担いでいるところも見たかったなあ。
おみゆきさん
▲おみゆきさん(トラックで運ばれて行くところ)

 読んでくださってありがとうございます

ブログランキングに参加しています
↓本日もポチっと応援よろしくお願いします♪
人気ブログランキングへ ☆ありがとうございます~♪☆

web拍手 by FC2

Follow gluttonw on Twitter@gluttonw(食いしん坊妻)をフォローする

[テーマ] - [ジャンル] 日記

[ 2008/04/15/(火) 11:17 ] お祭り | トラックバック(0) | コメント(0)
カテゴリー
最近の記事+コメント
ブログランキング参加中!

FC2ブログランキング 人気ブログランキング

ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

くる天 人気ブログランキング

FC2拍手ランキング
ブログ記事内にある拍手マークがクリックされた回数でのランキングです
カウンター